知っておきたい家族婚の豆知識!アットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見

当サイトは知っておきたい家族婚の豆知識を解説しています。
これからアットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見の内容となっているので、ぜひチェックしてみてください。
家族ウェディングでの挙式で利用されている会場にはどういったものがあるのか分からない人にもおすすめです。
家族のみのウェディングでは結婚披露宴をするべきなのか、という疑問点も解説しています。
新郎新婦にとって大切な人たちと素敵な時間を過ごすためにもおすすめです。

知っておきたい家族婚の豆知識!アットホームな家族と祝う結婚式をしたい人は必見

結婚式をするときにはゲストとの距離が近い、アットホームな雰囲気のウェディングを希望している人は多いのではないでしょうか。
そのような場合におすすめなのが、主に家族を招待する家族婚です。
ゲストと新郎新婦との隔たりがなく、家族同士も交流しやすい雰囲気になるのが魅力です。
互いに紹介する内容を演出に取り入れると、ゲスト同士が自然に交流できるというメリットがあります。
アットホームな家族婚にすることができるはずです。

そもそも家族婚とは?一般的な結婚式との違い

家族婚とは、新郎新婦の家族と親族だけを招待して行う結婚式のことです。
一般的な結婚式では新郎新婦の職場の同僚や友人なども招待して大人数で行います。
新型コロナウイルス流行下では、感染拡大のリスクが少ないことから家族婚が増えています。
また家庭的な雰囲気をつくり、家族と親戚の絆を深めたいケースに選ばれる傾向があります。
家族婚になると出席者の数が減りますが、決まった形式はありません。
挙式と披露宴、挙式のみ、披露宴のみの3パターンが一般的です。
挙式と披露宴は同じ場所で行うカップルも多く、高齢の家族や親族も出席しやすい点がメリットです。
家族婚とは違い一般の披露宴ではムービーを流すなどすることが多いですが、家族婚では少人数だからできることもあります。
家族と親族のメンバー全員が自己紹介をして、挨拶をすることも可能です。
よくある形式を守る必要性が低くなりますから、さまざまなアイデアを活かすことができます。
十分な予算があるカップルは引き出物にこだわることが可能です。

家族婚はどんな流れのウェディング?

少人数での結婚式として近年注目を集めている家族婚は、どのような流れでおこなわれるのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
家族婚ウェディングをどのように行うかは、それぞれのカップルによって異なります。
挙式のみをしたり、挙式後に会食や披露宴もしたりすることもあるのが特徴です。
一般的に新郎新婦は挙式の2時間ほど前に会場に入って準備を始めることが多いようです。
挙式の内容は一般的な結婚式と変わらず、指輪の交換やウェディングキスなどをして退場した後には、フラワーシャワーやブーケトスをしたりもします。
家族婚でも挙式後に会食や披露宴をする場合には、披露宴の会場に移動してゲストが先に席に着き、その後新郎新婦が入場する流れになっているのが一般的です。
会食や披露宴では、新郎新婦の希望によりプロの司会者に進行を任せることができます。
一般的な結婚式よりも規模は小さいながらも、結婚の記念となるような演出を取り入れることも多いです。

家族婚の演出を成功に導くためのポイント

結婚式自体のスタイルも種類が増えてきており、大規模な式だけでなくより人数を縮小したタイプの式も人気があります。
式プランとして家族婚があり、招待するゲストを家族のみに制限する結婚式もあります。
少人数だからこそ費用を節約できるだけでなく、家族だからこそより気兼ねなく楽しむ事ができる式にする事が可能です。
実際に家族婚でも演出など工夫する事が出来ますが、成功させるポイントとして家族の思い出を活用するという方法があります。
思い出の写真を利用したり歌を歌ったり、家族だからこそわかる内容を利用する事が特徴です。
誰もがわかるだけでなく思い出を振り返りながら、新たな家族でも今後思い出を気づいていく想いをこめる事が出来ます。
身内だからこそ知っている思い出なども利用することで、より盛り上げる事が出来ます。
実際に演出を考える際は必ず成功させようと意気込むのではなく、みんなで楽しめる事を優先することでより良い式にする事が可能です。

家族婚ではどんな料理でおもてなしをする?

おもに両家の家族のみが集まっておこなう家族婚では、どのような料理を提供することが出来るのか分からず不安に思う人もいるのではないでしょうか。
一般のウェディングと異なる点もある少人数の結婚式であるため、疑問に思われることも多いと思われます。
家族婚で出すことのできるメニューは、それぞれの会場によって異なっていますが基本的には一般的な結婚式と変わらないものが利用可能です。
例えば結婚式の定番であるフレンチや和洋折衷はもちろんのこと、中華やイタリアンなどといった種類が例に挙げられます。
さらに家族婚が可能な式場の中には新郎新婦の希望に合わせて、メニューの一部を変更することが可能となっていることも少なくありません。
また子供用やベジタリアン向けなどに対応していることもあります。
ただし式場によって内容や種類が異なることもあるので、招待するゲストの年齢や新郎新婦の希望・好みに合った料理を提供することができるところを選ぶのがお勧めです。